アクセス解析
amazon
--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2009/11/07(土)
『森博嗣にはまった日々。=すべてがFになる=』
去年ぐらいかな、初めて森博嗣の本を読んで
最初は紅子さんと保呂草さんのシリーズの1冊だったんですけど
それから何冊か読む内にすっかりはまってしまって。
はまる、というのは、なんていうか
キャラがたまらん!とかそういうんじゃないんですけど
ミステリとしてもなかなか面白いのは面白いんだけど
とにかく理系の脳味噌!大学の中!すっごい頭イイこの人!!って思ってしまって
それが止まらない感じです。
頭イイ人の小説はすごく好きです。

で、とりあえず、とにもかくにもなデビュー作はこちら。
すべてがFになる。
当時はなかなか話題になったりセンセーショナルだったりしたらしいですが
わたしはずっとずっと後からコレを読んだので知りませんでしたー。

すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER (講談社文庫)
森 博嗣
講談社
売り上げランキング: 15553


森博嗣のミステリーは大きい流れで2種類あるんですが
(いわゆるVシリーズとS&Mシリーズ)
まあ、どっちも実は同じ人がかぶって出ていなくもない・・という微妙なかんじの
あんまりゆうとネタバレに近いことになっちゃうんで。

の、S&Mシリーズの方の最初の1冊です。
Sってのは、犀川先生のことで
Mってのは萌絵とゆうひとのことです。
主人公の二人です。

頭が良くて、
お金がある生活というのを上手に書いてると思う。
天才なかんじの人が何人か出てきます。
天才が出てくる話は、ちゃんと描かれていれば大好きです。

頭のいいミステリーがお好きだったら
是非一度読んでみてはいかがかなーと思います。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。